ブログ設定

ロリポップ!データベース接頭辞の変更

投稿日:2019年3月30日 更新日:

このサイトをhttpsでアクセスするように変更するため、まずは、WordPressの削除である。(【後記】実はその必要はなかった。こちらを参照。)ロリポップ!のユーザ専用ページにFTPのサイトがある。今は、FTPソフトなんてなくてもいいのね。これは便利。すべてのファイルを選択して削除。

WordPressを再インストールしようとして気がつく。データベース名がwp2_になる。ん、以前のデータベースwp1_が残っているのか。

データベース管理のサイトに行くと、

データベースについては基本的にサポート外とさせていただきます。
詳しい知識がある方のみご利用ください。

と怖ろしいことが書いてある。データベースの知識は10年くらいアップデートされていない。これは触らないほうがよさそうだ。

WordPressの削除方法を調べる。全削除で構わない。データベースも普通に削除してしまえばよさそうだ。削除。

データ使用量を調べると、それでも0KBになっていない。info@keejaiva.netを調べるとSporting Shirtsというスパム。熱心なことで。

メールを削除したら、ディスク使用量が完全にゼロ。1からやり直し。

しかし、WordPressを簡単インストールしようとすると、データベーステーブルの接頭辞がwp2_のままである。ユニークに決まっていればいいものなので運用上はまったくどうでもいいが、2になるのが気になるといえば気になる。将来、レンタルサーバを移転することを考えるとここで妙なテーブル接頭辞がハード・コーディングされないほうがいいかもしれない。wp2_であることを忘れてしまった数年後の自分がこの点で嵌まりそうな気がする。

このテーブル接頭辞を変更する方法を調べる。そのものドンピシャリなページがある。少しのことにも、先達はあらまほしき事なり。

今回は、データを削除してしまったので、最初の段階でwp2_をwp1_に直せばいい。

まずは普通にWordPressを再インストール。データベース管理のページで、phpMyAdminでデータベースに接続し、以下のファイルを削除。なお、phpMyAdminにログインするためには、データベースのユーザー名とパスワード、サーバの番号を調べる必要がある。データベース管理のページで簡単に確認できる。

削除するファイルは以下のとおり。

wp2_commentmeta
wp2_comments
wp2_links
wp2_options
wp2_postmeta
wp2_posts
wp2_termmeta
wp2_terms
wp2_term_relationships
wp2_term_taxonomy
wp2_usermeta
wp2_users

上のサイトだと、wp2_termmetaがなく11ファイルとなっているが、すべてのファイルを削除すればいいに違いない。気にせず、wp2_termmetaも消してしまう。削除したとき、すべてのファイルについて返り値は空。空っぽのファイルだったらしい。

次に、ロリポップ!FTPのページに行き、wl-configのパーミッションを600(オーナーのみ呼出・書込可)に変更して保存。(ページの下のほうの「保存する」を押さないと変更が反映されない。)

再度開いて、$table_prefixの値を書き換える。書き換える接頭辞は何でもいいが、wp1_に戻しておくことにする。

$table_prefix = 'wp1_';

パーミションを400(オーナーのみ呼出可)に戻す。この辺はシェルでコマンド入力できたほうが便利だが。

次に、wp-admin/install.phpをブラウザで開く。そのままでは誰も何もできないパーミッション000なので、600に変更して保存する。ページの上のほうにブラウザで開くというボタンがある。

ユーザー名、パスワード等を入力してインストール。忘れずにinstall.phpのパーミッションを000に戻す。(戻さないとセキュリティが弱くなる。)

-ブログ設定

Copyright© keejaiva.net , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.