ブログ設定

【Googleアナリティクス】自分のアクセスを除外

投稿日:

Googleアナリティクスから自分のアクセスを除外する2つの方法

Googleアナリティクスの結果を見ても、サイトのアクセスの少ないうちは自分のアクセスがほとんど。とくにWordPressで下書きを書いて保存していると自分ばかりが長時間自分のサイトにアクセスしていることになる。

アクセスが増えてくれば自分のアクセスの割合が下がっていくのであまり大きな問題にはならない。それでもノイズになるのは確か。

Googleアナリティクスから自分のアクセスを除くにはブラウザのプラグインを使う方法とGoogleアナリティクスのフィルタを使う方法とがある。

ブラウザのプラグインを使うメリットは、どこからアクセスしても同じブラウザからアクセスするかぎり確実に除外してくれるということ。逆にいえば、ブラウザを変えるとダメ。Chrome, Firefox, Safari, Internet Explorerなど、使うブラウザすべてにプラグインをインストールしなければならない。また、自分のサイトだけでなくすべてのサイトへのアクセスがGoogle アナリティクスに記録されなくなる。

一方、Googleアナリティクスのフィルタは同じアクセス方法なら確実に除外してくれるというメリットがある。逆にいえば、アクセス方法を変えるとダメ。アクセス方法もプロバイダごと排除するわけにはいかないから、IPアドレスを特定して排除することになる。しかし、固定IPアドレスの契約をしていなければ、IPアドレスは変わることがある。その場合は、再設定する手間がある。ただ、固定IPアドレスの契約をしていなくても、24時間ルータのスイッチを入れっぱなしにしている場合、IPアドレスはそうそうは変わらないので、再設定は頻繁には起こらない。

Google ChromeでGoogleアナリティクスをオプトアウト

Googleアナリティクスのデータ収集するJavaScriptを無効にするプラグインを導入する。今回はGoogle Chromeのみ。

Google Chromeで次のページにアクセスする。

「Google アナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロード」をクリックすると、次のページが開かれる。

ここで「Chromeに追加」をクリックすると、インストールしていいかどうかの確認がある。

「拡張機能を追加」をクリックして導入終了。

Googleアナリティクスのフィルタを使う

まず、自分のIPアドレスを調べる。

CMANのIPアドレス確認か、UGTOPの確認くんを使えばいいだろう。「xxx.xxx.xxx.xxx」という形式(xは数字)のものがIPアドレス。

Googleアナリティクスのサイトへログインすると、左のサイドバーの下の方に「管理」があるので、それをクリック。

次の「管理」の画面の右に「フィルタ」があるので、それをクリック。

その画面で「フィルタを追加」を押す。

「新しいフィルタを作成」がすでに選択されているので、それはそのまま。「フィルタ名」は適当に付ける。「フィルタの種類」は「定義済み」、「フィルタの種類を選択」で「除外」、「参照元かリンク先を選択します」は「IPアドレスからのトラフィック」、「式を選択します」は「等しい」を選んで、「IPアドレス」に上で確認したIPアドレスを記入。

「保存」して終了。

-ブログ設定

Copyright© keejaiva.net , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.