ブログ設定

WordPress、ロリポップ!からmixhostへの引越し

投稿日:2019年4月7日 更新日:

これは簡単。まず受け入れ側を整える。

mixhostのcPanelの「ドメイン」「アドオン ドメイン」でkeejaiva.netを登録し、FTPユーザーも作る。FTPのホスト名、ユーザー名、パスワードをメモる。cPanelの「データベース」「MySQL データベース ウィザード」でデータベースを作り、データベース名、ユーザー名、パスワードをメモる。

ロリポップ!にFTPで入ってすべてのファイルをダウンロードする。wp-config.phpをエディタで開いて29行目以下のデータベース名をmixhostのデータベース情報に書き換える。ホスト名は”localhost”である。mixhostは現状、localhost以外のデータベースに対応してないらしい。ロロリポップ!からFTPでダウンロードしたファイルすべてをmixhostのkeejaiva.netのドキュメントルートへアップロード。

ロリポップ!のphpMyAdminでZIP圧縮したデータベースファイルをダウンロード。ダウンロードしたZIPファイルをmixhostのphpMyAdminでアップロード。

ムームードメインで、DNSサーバを

ネームサーバー1: ns1.mixhost.jp
ネームサーバー2: ns2.mixhost.jp
ネームサーバー3: ns3.mixhost.jp
ネームサーバー4: ns4.mixhost.jp
ネームサーバー5: ns5.mixhost.jp

に変更。whoisでDNSの変更を調べる。昔は結構時間が掛かっていた記憶があるが、イマドキ一瞬で切り替わる模様。

cPanelの「セキュリティ」「SSL/TLS Status」で”Run AutoSSL”で、keejaiva.netのSSL証明書をインストール。どうも上位のxxx.mixh.jpドメインは排除 (exclude) しておいたほうが問題が少ない気がする。原因は厳密には切り分けられていないが、上位ドメインにSSL証明書があったときは、自己署名になってしまったことがあった。上位ドメインをexcludeして”Run AutoSSL”で問題が解決した(とここに書いておくと誰かの役に立つかも)。

これで引っ越し完了。簡単、簡単。

強いていえば、cPanelのどこへ行けば必要な情報が得られるのかがわかりにくい。これって定番のコントロールパネルらしいがユーザビリティはイマイチ。

逆にいえば、定番なのでcPanelに慣れてしまえば、あちこちで応用が利くだろう。phpMyAdminも同様。

-ブログ設定

Copyright© keejaiva.net , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.